Ads by Google

2013年01月04日

女性もストレスで薄毛になるの?!

わたしが初めて薄毛を意識したのは、忘れもしません、28歳の夏のことでした。
どうしてこんなに正確に覚えているかというと、人事異動があったからです。
わたしはそれまでの総務課から、なれない営業にまわされ、毎日、ため息をついてました。

それでもどうにか仕事に慣れてきた夏のある日、お風呂からあがって、
洗面所で髪の毛を乾かそうと思っていたときです。
ふと、洗面所の鏡が光ったような気がしたのです。

「ん?なんだろ?」そう思って鏡を見直してみると、
なんと、光っていたのはわたしの頭でした。

前髪から頭頂部にかけて、髪の毛が濡れているせいで、くっきりと光ってる!
気のせいだと思うとしましたが、目の前の鏡に映っている現実は変えられません。
なんで?どうしてわたしが?女なのに?ハゲ?

あまりのショックに呆然として、頭のなかをハゲという言葉が駆け巡りました。
そして思ったのです。これは絶対にストレスのせいだ。

はじめての仕事というだけでもたいへんなのに、慣れない人間関係。お得意様回り。
おまけに新製品の発売が重なって残業続き。
この頃のわたしは、これでもかっというくらいのストレスを抱えていましたから、
絶対に薄毛になったのはストレスのせいだと思いました。

だからストレスがなくなりさえすれば薄毛は回復する。
根拠もなしにそう確信していて、積極的な薄毛対策はとらないままでした。

000375.jpg

ただ、辛かったのは友だちに海に誘われても行けなかったことです。
友だちには「仕事で疲れてて」と苦しい言い訳をしていましたが、
本当は、海に入って濡れた頭を友だちに見られるのが苦痛だったのです。

薄毛は命に関わらないから軽く見られがちですけど、辛いことはいっぱいありますよね。
結局、わたしの28歳の夏は一度も海にもプールにもいかずに終わってしまったのです。


posted by 薄毛OL at 16:55| 28歳で薄毛になった苦しみの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。